色彩検定3級「ファッション配色」

この写真に関する記述として、最も適切なものを、それぞれ①②③④からひとつ選びましょう。

 

①セパレーション配色である。

 

②同一色相配色である。

 

③対照色相配色である。

 

④同一トーン配色である。

①セパレーションは、色と色を分離するもので、この写真は、そのような配色ではなく、不適切。

 

②この写真は赤、ピンク、白っぽい色であり、ややオレンジピンクのような色も見えるが、この種のファッション配色は、厳密である必要はないので、おそらく◯。

  

(他に、明らかな正解の文があるかを検討)

 

③全体に赤っぽい色みばかりなので、対照色相配色ではなく、不適切。

 

④濃い色、うすい色だあるので、同一トーン配色ではなく、不適切。

 

 

答え

②同一色相配色である。


この写真に関する記述として、最も適切なものを、それぞれ①②③④からひとつ選びましょう。

 

①色相のグラデーションである。

 

②色相に共通性がある配色である。

 

③色相に対照性がある配色である。

 

④類似トーンだけでつくられた配色である。

①色相のグラデーションとは、色相『が』変化する配色のことで、不適切。

 

②青、うすい青、など色相に共通性があるので◯。

 

③色相に対照性はないので不適切。

 

④類似トーンとは、似た色調のもの。この写真は、濃淡の差を感じるので不適切。

 

 

答え

色相に共通性がある配色である。