色彩検定「配色」基礎問題

この着こなしの記述として適切なものを1つずつ選びましょう。

 

【問題A】

①トーン・オン・トーン配色である。

②トーン・イン・トーン配色である。

 

 【問題B】

①同一色相配色で統一されている。

②類似色相配色が多用されている。

 

 

【問題C】

①明清色と中間色による配色である。

②純色と暗清色による配色である。

③中間色と暗清色による配色である。

 

 

 

穏やかでナチュラルなイメージの着こなしですね。

 

【解説&答えA】

①トーン・オン・トーン配色とは、トーンが重なる(on=重なる)配色のこと。この着こなしも明るめのトーン(ltgトーン)と暗めのトーン(dkトーン)が重なるので、適切。

②トーン・イン・トーン配色とは、トーンが揃っている配色なので、不適切。

解答①トーン・オン・トーン配色である。

 

 【解説&答えB】

ワンピースのベージュはltg8(色相は黄)

カバンの茶色d6  (色相は黄みの橙)

靴の茶色はdk6  (色相は黄みの橙)

マフラーのオリーブグリーンはdk10 (色相は黄緑)

帽子のダークグリーンはdk12 (色相は緑)

 

色相黄(8)を中心に、類似色相配色が多用されている。

解答②類似色相配色が多用されている。

 

 

【解答&答えC】

ベージュ、ソフトな茶色は中間色(グレイを含んだ色)。

マフラーや帽子のグリーンは暗清色(黒を含んだ色)。

 

解答③中間色と暗清色による配色である。