コラム「花いちもんめ〜誰か肌染めん〜」

 勝って(買って)嬉しい花いちもんめ。  

       負けて悔しい花いちもんめ。

 あの子が欲しい。  

      あの子じゃわからん。

 この子が欲しい。 

      この子じゃわからん。

 相談しよう。   

      そうしよう。」

大人の方なら、子供の頃、歌ったことのある方も多いだそう。懐かしいわらべ唄だ。


2つのグループに分かれて交互にこの唄を歌いながら、メンバーを一人ずつ自分の陣地に取り合う。

実はこの唄には「花・いちもんめ」と引き換えに、あの子が欲しい、この子が欲しいと人買いの交渉を暗喩した悲しい意味が込められている。

花とは赤色染料になる紅花のこと。いちもんめは「一匁)」と書き、約3.75グラムの重さをいう。つまり,紅餅)(紅花から採った赤い色素を餅のように固めたもの)3.75グラムと、女の子一人を交換(人身売買)しようというのである。子供の口ずさむ無邪気なわらべ唄が、当時の日本がいかに貧しかったか、そして紅花がいかに高価であったかを伝えている。

当時は「金一匁、,紅花一匁(きんいちもんめ、べにばないちもんめ)と言われ、紅餅は同じ重さの金と交換したほど高価であった。

紅花は山形県の最上川流域が産地である。松尾芭蕉の『奥の細道』に

「ゆく末は

  たが肌ふれん 

    紅の花」

というのがある。

芭蕉が山形県の最上川流域の尾花沢に立ち寄った際に作った。一面に広がる紅花に、芭蕉も旅の疲れを癒したことであろう。

「美しい紅の花は

  華麗な赤色となって、

   最後はいったい誰の肌に触れられるのだろうか」という意味である。

京の都で美しい娘の着物や口元を赤く染めた姿を芭蕉は連想したかもしれない。

紅色が女性のほのかな色気をふっと感じさせるがゆえの美しい一であろう。

 

紅花は、持ち運びしやすい餅状にして京や江戸へ送り、これらの地で染められた。

現代のように、合成染料で自由自在に色が得られる時代とは違って、どの色も濃く染めるにはそれだけ多くの染料と手間が必要であった。

特に紅花のような高価な染め色はそれゆえ薄い色が主流である。

鮮明に染めた紅花の染め色のことを

特に紅の八入の色(べにのやしおのいろ)」という。染料の甕に八回も入れて染めたような鮮明な紅色の意味である。(つづく)